先輩社員紹介VOICE

小澤 信也

平成24年入社

所属部署

業務部設備管理課

入社してビックリしたのは、徹底的な現場主義です。習うより慣れろ!との先輩立ちの教えでいつも現場の最前線へ!おかげ様で今では自分で判断出来る事も増え、入社3年で仕事を任される様になりました。機械好きの僕には設備保全の仕事がピッタシです。

入社の経緯

僕は人材派遣会社の紹介予定派遣制度を使い丸善に入社しました。
そもそも特段やりたい仕事がある訳でもなく、学校卒業後は派遣スタッフとして職を転々としていました。そんな中で丸善に派遣スタッフとして入社。設備課の仕事を始めたのですが先輩達は年齢、役職に関係なく沢山の方が僕に声を掛けてくれました。

休憩時間は仕事の話しは一切なし。但し仕事が始まると安全に細心の配慮をして作業をする。そんなメリハリのある職場に興味が湧くようになりました。ただ先輩社員達の難しい専門用語を聞いていると僕にはこんな難しい仕事は無理だよな~と悩んでいると、自分達も最初は何も出来なかったんだよ。興味があるなら真剣に勉強してみる?との背中を押すお言葉を頂き、思い切って採用面接を受けました!

仕事の内容

僕の仕事は、市川油槽所の設備の保全です。保全といっても広範囲な仕事で、設備の仕様決定から、据付、修理そして点検と多岐に渡ります。

僕はその中で現在、工事に関する工程の管理と現場施工管理を任されています。
先輩達が決定した仕様と予算に合うように、現場工事を管理しなければなりません。
当然、工事には沢山の人が関わりますので、若い人から自分の親と変わらない年齢の人とコミュニュケーションを取りながら工事を進めて行きます。
屋外での作業が中心ですので、天候よっては工期が遅れ気味になったり、それを取り戻すために工程表を引き直したり大変ですが、設備が日に日に完成していゆく姿を見ていると達成感を強く感じます。

自分が製作に関わった設備が10年、20年後に老朽化した時にこの経験が保全に活かせるのだと思うと設備に愛着が湧いて来ます。

メッセージ

入社してビックリしたのは、徹底的な現場主義です。
習うより慣れろ!との先輩立ちの教えでいつも現場の最前線へ!自分が何をしたいのか?どんな仕事が自分には向いているのか?正直まだ解りませんが、着実に設備のメンテナンスや先輩と一緒に参加する打ち合わせに参加することで専門用語や図面を読み取る力がついて、機械や設備の保全に携わる事にやりがいと楽しさを感じるようになりました。

機械や設備の保全に前向きに取り組むと、取得しなければいけない資格や数多くの教習を受けなければなりませんが、「一、二年で出来る仕事ではない。一歩ずつ技術と知識、そして経験を積みなさい。」との先輩達の言葉を信じて頑張っています。
皆さんも仲間になりませんか?